[PR]ROHS分析でフタル酸の有無を確認しよう
専門業者を厳選公開♪

[PR]ディスペンサーを購入しよう
優良製品多数あり♪

ROHS分析でフタル酸を予防する目的や規制について紹介

女性

ROHS分析を行う目的とは

ROHS指令に違反している製品はROHS加盟国のヨーロッパ諸国に製品の輸出が不可能です。また、違反が見つかった場合には思い罰則が課せられます。そのため、ROHS指令を満足している製品であるかどうかをチェックする必要があります。そのチェックがROHS分析です。ROHS分析ではROHS指令に指定されている有害物質の有無を調査してくれます。また、ROHS指令では有害物質含有量の上限が決められているため、ROHS分析にて有害物質の含有量まで即手してもらことが多いです。また、日本国内のセットメーカーについてもROHS指令を守ろうとする企業がほとんどですので、ROHS指令を守っているデバイスを探しています。そのため自分の会社の扱うデバイスに有害物質が含まれて異な事を証明する「不使用証明書」を取得するために検査を行います。

規制物質が使用されている商品は輸出できない

ROHS指令によって指定されている規制物質が含有している場合は、アイルランドやイタリア、イギリスを始めとする、EU加盟国である合計28カ国に対しての製品の輸出ができなくなります。規制物質を含有した製品を輸出してしまった場合、高額な罰金と生産停止、製品回収などの主罰則が科せられます。また、ROHS指令施行前に生産されたEU加盟国の商品を、日本で一度回収して修理を行った際も、ROHS指令を満足していないとEU加盟国に戻すことは不可能になっています。そのため、このような場合も修理終了後EU加盟国に戻す際には、ROHS検査を行うことが大切です。なお、ROHS指令の対象製品としては、家庭用電気製品や照明機器、玩具などを始めとして11種類が指定されているのです。

今読まれているコンテンツ

研究

ROHS分析でフタル酸検出に必要な費用や時間について知ろう

ROHS分析は、依頼の方法にて分析価格や分析期間が変わってきます。一般的にはセットプランを利用するとお得です。最も調査依頼が多いのは鉛となっています。また、分析の種類やサンプルの重量によっても分析価格は変化していくでしょう。

READ MORE

実績のある専門会社に依頼しよう

ROHS分析をお願いするには実績のある専門業者に依頼すれば作業手順もしっかりしていますし、専用の検査機械も充実しています。また、今後はフタル酸エステルも対象物質となってきますので、フタル酸エステルに関しても調査可能な業者を選ぶと良いでしょう。

広告募集中